都市未来研究会 IN NISEKO

  • TOP
  • お知らせ一覧
  • SDGs街区「アイデア会議」9月21日火曜18時より。テーマは「人工湿地という水処理について」

SDGs街区「アイデア会議」9月21日火曜18時より。テーマは「人工湿地という水処理について」

SDGs街区のアイデア会議9月二度目の案内です。今月は9月18日にきのこ散策も行い多くの方に参加していただきました。そのときにもきていただいたリードネットの横田さんにおいでいただき、人工湿地という方法で水を浄化する仕組みについての話をしたいと思います。今回の街区の計画の中で第四工区と呼ばれる、川の近くの建物は、入り口側の建物や敷地より10m近く低い位置にあります。そのために町の下水道は使わず、汚水処理をして川に排水をします。計画案では合併浄化槽のあと、2次処理としてビオトープを設ける計画に、さらに川沿いにある遊歩道と一体に親水公園にしたいと考えていました。しかし冬の凍結のことや、ビオトープの有効性などについて専門家の知識を必要としていました。そこで登場したのが、今回お話しいただく横田さんです。人工湿地とはバクテリアの分解の力で水を浄化する仕組みで、そこにハーブなども植えることで、分解を促進させます。もともと牧畜の汾陽処理から始めたそうですが、今は北海道での実績もあり、また海外でも大規模なプロジェクトが進んでいます。浄化槽での処理はその処理に限界があり、よりきれいな水を保っていこうと考えたときこの仕組みは大いに可能性が期待されます。ぜひみなさんと一緒に考えてみたいと思います。参加お待ちしています。

9月21日18時開始
場所:町民センターにて
なお、ZOOMでの参加も可能です。ZOOMアドレスは以下より。

https://us02web.zoom.us/j/89371905480?pwd=U3ZjaGJnZUVVdkxPWG8yWS9jaUM1QT09

ミーティングID: 893 7190 5480
パスコード: 104762

お知らせ一覧
  • TOP
  • お知らせ一覧
  • SDGs街区「アイデア会議」9月21日火曜18時より。テーマは「人工湿地という水処理について」