都市未来研究会 IN NISEKO

告知

01/11(火) SDGs街区アイデア会議vol.16 「今後の会議テーマについて」の案内

開催日: 2022.1.11(火) 18:00〜 場所:ZOOM及び町民センターにて

今回は2022年の初めの会議になります。前回の会議では、4つのテーマが出てきました。
一つ目は今後工期に合わせて、できること検討することを整理すること、
二つ目は販売価格について、コストの内訳を知りたいこと、
三つ目はそもそもこのプロジェクトの顧客はだれなのか、新住人なのか、既存の住民なのか、その場合戸建に住んでいる人なのか、または公営住宅に住んでいる人なのか、また公営住宅と今回の住宅の立ち位置はどのようになるのかということ、
四つ目は販売価格および賃貸価格について、市場の価格との比較を知りたいとのことでした。
二つ目のコストについては住民側に隠すことではないのでしょうが、知ってもしょうがないこととも思えます。いいものを安くという命題から、さまざまなコストダウンを要求されているでしょうし、そもそも、市場のものより性能が高く、建築費が高くなる一方で、販売価格や賃料をおさえていく構造はどのような方法をとっていくのかについてその仕組みを公開してほしいとも思います。
そこでいくつかの質問を整理して、ニセコマチの役員の方に、説明の機会を持ってもらってはどうかと考えています。

現状第一期工事で検討をしてほしいことは
1 屋根形状
2 外壁素材および色
3 建物規模(B棟の16を8に変更できないか)の縮小
4 植栽計画
5 外部の外部家具およびマーケット広場の使いかた
6 駐車場と住宅用の距離
7 青空駐車場の屋根

第二期以降については
1 広場の具体的運用
2 工房やランドリカフェの運用
3 屋根形状や外壁素材、色
4 植栽計画および伐採計画
5 建物の形状や配置
6 駐車場の屋根
7 下水(浄化)の仕組み
などかと思います。

そして、前回の議論で出た、そもそも論として、この顧客はだれなのか、実際の住民の住み替え層は顧客なのかについて。
公営住宅との違いはなにかという点についてはもう一度詰めていったほうがいいように思います。なぜこのプロジェクトと並行して公営住宅の新設が別に動いているのか。すでに8住戸の新築実施設計がこの街区の近くで計画されています。これらの間取りや計画そのものも公開されていないことも疑問に思えます。

エネルギーの低減については、何度か説明をしてもらい、特に第一工区については、実験を含めて3つのエネルギー方式の比較、さらに太陽光の導入についての説明がありましたが、第二工区以降のエネルギー計画についても進捗を聞く必要がありそうです。

以上の点を再度本日確認して1月中にニセコマチの役員との意見交換会の段取りも決めれればと思います。

ZOOMリンクはこちらになります。
https://us02web.zoom.us/j/89371905480?pwd=U3ZjaGJnZUVVdkxPWG8yWS9jaUM1QT09&fbclid=IwAR0csDDaOqcdk_oK79lB7iwHfvQtBov_0CqauHMTBtDKUH3nrmgyvq_tHmw#success
ミーティングID: 893 7190 5480
パスコード: 104762

※町民センターでも土谷が待機しています。直接おいでいただいてもかまいません。ぜひご参加ください。

アイデア会議一覧