都市未来研究会 IN NISEKO

報告

8/2(月)開催のアイディア会議の報告

開催日: 2021.8.2(月) 場所:zoomにて参加費用:無料

8月2日は「SDGs街区における植樹とキノコ」について議論しました。今回は、ニセコグラン・ヒラフ自然情報室エコルの中嶋潔さんをゲストに迎えてお話をいただきました。

私たちの計画しているSDGs街区における第3工区には、さくら団地との間に大きな中央広場が計画されています。そこでは、住民の方々による様々な活動が行われることになりますが、芝生が張られた大きな空間には植樹を計画しています。そこでは、どのような樹木を植えるべきなのでしょうか? 地域の活動への寄与、景観、管理、生態系などなど、一つの樹木を選定する際にも様々な視点での議論が必要になりそうです。

また、将来工区と呼んでいるその第3工区の奥には、現状、放置されているに等しい雑木林が存在します。この雑木林の一部は、(ニセコ町の人口動態の推移を考慮しながらですが)集合住宅建設のために切り崩すことを考えていますし、大部分の残された雑木林にも手を入れてゆきたいと考えています。

その際、ここに生息するキノコについて、どのような配慮をするべきなのでしょうか? 景観にも、生態系にも、そして住民にとっても好ましい雑木林の管理(間伐を含む)とはどのようなものになるのでしょうか? ここでも、一つの間伐する樹木を選定する際にも、様々な視点での議論が必要です。

自然インフラの整備については、かなりの空白を残しています。住民の方々からたくさんの意見を頂き、ゲストの皆さんにも質問をぶつけ、アドヴァイスを頂くことができました。

8月2日の議事録
20210802_SDGs街区 アイディア会議 植樹とキノコ

8月2日の動画

アイデア会議一覧